《靖国神社》观后感

来源:m.fanwen118.com时间:2022.5.24

《靖国神社》观后感

法学院 政行三班 11012067 朱红

日本,这个离我们如此之近却又让人在心里感觉离我们是如此之远的一个神秘的国度。作为正在崛起中的中华民族,走近并且了解它无疑是必须的也是重要的。

毫无疑问,《靖国神社》的确是一部特殊的、而且优秀的作为反映日本国民性的好作品。看它有助于我们更加清楚的了解日本——这个岛国——也是我们一衣带水的近邻。

在这里,我将从四个方面来谈我从这部电影里窥见的日本、日本人及日本人的国民性。

一、信仰——崇尚英雄的武士道精神

靖国神社,对于广大在二战中被日军铁蹄蹂躏的民族和人民来说,或许是一种无法磨灭的痛苦与耻辱的标记。而日本右翼,尤其是日本政客、首相每次的参拜无疑是在唤醒广大亚洲人民痛苦而不堪回首的记忆。当然,也就难以让亚洲人民接受,更别说原谅日本在二战中的暴行。

但是,在广大日本民众的内心里,靖国神社决然不是其他亚洲人民心中的那个埋葬侵略“侩子手”的“地狱”,而是一个安置为大和民族的生存和人们幸福安宁而靖国护邦的英灵们的“天堂”。在影片中,那川流不息的参拜靖国神社的人流和参拜者们充满敬意的眼神向人们昭示着这样一个真理,那就是人们有足够的理由相信,那是一个值得人们敬畏和膜拜的神圣的地方。他们崇尚英雄和武士。

二、忧虑——强烈的民族忧患意识和危机感

日本民族由于自身所处的岛国地理位置而蒙受着中国这类大陆国家所没有蒙受的各种自然的和地理的灾害的折磨和考验,因此他们也就具有着中国人所不具有的那种强烈的危机感和忧患意识。他们时刻保持着警惕,准备着迎接各种可知或不可预知的灾难或挑战。

因而日本人们也就有着那种高度的为国而战,为生存而战的强烈意识。在影片中,两个日本妇女在一起参拜靖国神社时的对话,深深震撼着我。他们以及他们的家人对于日本侵略战争以及自己亲人在日本发动的侵略战争中死亡的看法让我深深地体会到一种信念和力量。与其说,日本发动的侵略战争是少数狂热的日本军国主义分子所为,还不如说是整个日本民众——大和民族为对外攫取生存空间而进行的一次集体大赌博或是野性大爆发。

三、自我——多疑而利己的狭隘行为风格

在《菊与刀》中,日本民族欺软怕硬、文明与野蛮并存的双面民族性格已经被揭露无遗。那么在《靖国神社》中,日本民众对待在靖国神社前高举美国国旗同举支持小泉参拜靖国神社标语的美国人的态度就可以说明一些问题。

日本人感激美国人支持他们参拜靖国神社,却又反对美国人介入日本国内的政事,反感美国操纵日本国内的党派之争。但一个更重要的问题是,日本人虽然依赖于借助美国抗衡中国、保全自身的利益,但他们又对二战中美国丢原子弹击败日本的问题耿耿于怀。日本猜忌美国对待日本的态度以及压制、干预日本的用心。它似乎总是在与中美等的周旋中谋求自身狭隘的利益。对于这一点,中国在未来崛起的路上可以考虑许日本以

帮助其获得完全独立为承诺的利益诉求暂时有防备的拉日抗美,寻求实现驱赶美国出亚太的战略目标。

四、精明——寡言、谨慎、认真而又聪明、狡猾的处世态度 在影片中,日本刀匠铸造靖国刀的场景几乎贯穿于影片始终。刀匠铸刀时认真、肃穆的表情以及面对记者时狡黠的眼神、谨慎而寡言的神态让我印象深刻。影片中介绍到,日军侵略战争中所有的军刀——数万把都是由无数像影片中那个老刀匠那样仔仔细细的铸造出来的,并且质量高、在战争中发挥了莫大的作用。这给人竟然是一种难以言说的感觉。也让我们对日本民族精明、谨慎的态度多了几分深刻的印象。

20xx年11月7号


第二篇:靖国神社字幕 15400字

靖国神社

国家の命令で戦争に赴き、命を落とした軍人軍属など、およそ246万人を神として祀っています。在国家的命令下奔赴战场死亡的军人和军事相关人员约两百四十六万人被作为神祭祀在这里。今、総理大臣の参拝の是非をめぐり、国内外で大きな議論が巻き起こっています。如今围绕着总理大臣的参拜问题,在国内外引发激烈的讨论。 靖国神社とはどんなような神社なのか。靖国神社是。今から六十年前、靖国神社の廃止をめぐって、日本とアメリカが激しい攻防を繰り広げいていました。六十年之前,就靖国神社的废除问题,日本与美国展开了激烈的攻防战。

今年アメリカで、日本占領時代の資料が発現されました。GHQ(联合国军总司令部)の数千点に残る資料、その中に、靖国神社に関するフィルムや写真、そして極秘文書が残されていました。今年在美国新发现了日本占领时期的资料,联合国军总司令部的数千份资料,其中有关于靖国神社的胶片和照片以及绝密文件。

GHQは、靖国神社が戦前の日本の軍国主義を助長したと考えました。靖国神社を徹底的に調査し、その廃止を検討していたのです。GHQ认为靖国神社助长了战前日本的军国主义,对靖国神社进行了彻底的调查,打算将其废除。

日本側の記録も新たにみつかっています。当時の権宮司が、廃止の危機感を語り残していました。在日本也发现了新的历史资料,当年的权宫司在录音带中谈到对废除的危机感。靖国神社に対しては、戦争の中心になったと思うから、そのままで起きない。向こうが潰しにでも出で来られたらもうおしまいだと。だから危ないわけだね。靖国神社はどのようにして生き残ったのか。他们认为靖国神社是战争的中心,不可能放置不管,对方要是动手的话,这边就完了,所以真是很危险。靖国神社是如何幸存下来的。 六十年前の日米の攻防は、今に何を伝えるのか。占領下の知られざる記録です。昭和十六年、珍珠湾攻撃へで始まった日本とアメリカの戦争。六十年前日美攻防战现在能给我们什么启示,占领下不为人知的记录。昭和十六年,珍珠港攻击开始的日美战争。日本の軍国主義の源泉はどこにあろのか、なぜ日本兵死を恐れないのか、アメリカは戦時中から研究を始めていました。日本军国主义的源头在哪里,为什么日本兵不怕死,美国在大战中便开始了研究。

アメリカ国立文書館です。美国国家档案馆。ここに戦争が終わる。一年以上前に、靖国神社についてかかれた。極秘文書が眠っています。终站一年之前关于靖国神社的一份绝密文件存放在这里。

日本を占領したの地、軍国主儀を支える独特な精神構造をどう変えるのか。国務省は具体な計画を立てっていました。占领日本之后,如何改变日本人,支撑军国主义独特的精神构造,国务院制定了具体的计划。国務省の内部機関PWC(战后计划委员会)の文書です。靖国神社の廃止について議論していました。国务院内部机关战后计划委员会的文件,对废除靖国神社进行了讨论。

靖国神社などの新強い神社は、我々の考える宗教ではない。軍国的英雄を崇拝し。攻撃的国家主義精神を育む、場である。靖国等所谓的神社并非我们所认为的宗教,而是崇拜军国主义英雄培育具有攻击性的国家主义精神的场所。こうした神社は、宗教の自由にはむすることなく、閉鎖できる。昔からの神道は問題ではない。しかし国家神道は非常に攻撃的国家のカルトであり.太平洋の平和、世界の平和にとってまぎれもない脅威である。此类神社的关闭无碍于宗教自由,传统的神道并没有问题,然而国家神道是极具攻击性的国家邪教,是对世界和太平洋地区和平无可置疑的威胁。

太平洋戦争中。アメリカ陸軍省の依頼でハリウッドが作った。日本についての映画です。太平洋战争期间,好莱坞受陆军部委托制作的介绍日本的影片。天皇は日本人にとって最も神聖な目に見える神である。すべての支配者として政治と宗教を一人で握っている。天皇对日本人来说是用最神圣的眼光仰视的神,集政治与宗教大权于一身的全面统治者。日本人は戦死してもその魂が名誉の場所に行くと信じている。英霊となって聖なる靖国神社に祀られるのだと、日本人にとって最高の栄誉は戦死として靖国に祀られる事である。そこで天皇さえも参拝の訪れ戦死者に頭を下げるのだ。だから日本兵は降伏よりも死を選ぶのである。日本人相信战死者的灵魂将去荣誉的地方,变成英灵祭祀在靖国神社,战死后被祭祀在靖国神社是日本人的最高荣誉,即便是天皇也要向战死者低头参拜的,这就是为什么日本兵宁死不降的原因。

終戦直後、靖国神社をめぐって、すでに陸軍省が動き始めていました。靖国神社の管轄は陸軍省と海軍省でした。终战后不久,陆军省便开始针对靖国采取行动,靖国神社属陆军省和海军省管辖。陸軍省の中枢で、高級副官を務めていた。美山要藏大佐です。靖国神社を存続させるうえで、重要な役割を果たした人物です。美山大佐は昭和20年8月から2か月間の出来事を日記に書く残していました。8月23日、靖国神社の御祭りやる方針て、進む。陆军省中枢的高级副官美山要藏大佐,对靖国神社存续起了重要作用的人物。美山上校记述了从19xx年8月开始两个月间的经历。8月23日,靖国神社的祭典照旧举行的方针。

りっかいぐん

占領がかいっされれば、陸海軍の解体は時間の問題でした。そんの中陸軍省は靖国神社の大祭を実行しようとしていたのです。

せんぼっしゃ

“天皇陛下、万歳”明治天皇の意向を受けて創建された靖国神社、国家が戦歿者いれいせんぼっしゃを慰霊し、その功績を褒め称えるのが目的でした。臨時大祭は新たな戦歿者が神となるもっとも重要な儀式でした。戦歿者が神となるためには、二つのスッテプが

しょうこんごうしくらやみせんぼっしゃ

ありました。招魂と合祀です。暗闇の中新たな戦歿者の魂を招く招魂の

ほんでん

儀式、招魂された魂は本殿へと運ばれ、神として祭られました。これが合祀です。

せんぼっしゃ

靖国神社の合祀名簿です。戦歿者が合祀の基準を満たしているかどうか審査する

さいか

のは陸、海軍省でした。合祀は天皇の裁可を経て行われました。新たな神に天皇自ら参拝し、戦士は栄誉あるものとなりました。戦前の招魂式を再現したものです。行列は軍人としんしゅからなり、その模様はラジオで全国に中継されていました。低く

けいひつぐんがくね

とこしえいつきまつ流れる警蹕の声、流麗たる軍楽の音が深遠なる神域闇のうちに流れ始めました。今

ぞ忠魂九段に帰るの時、殉国の英霊永遠靖国の御社深く斎祀られるの時であります。美山大佐はに陸軍における靖国神社の事務全般の責任者でした。陸海軍が解体されるまでに、臨時大祭を開き、膨大な数の戦歿者の合祀を行う必要がありました。8月二十七日、アメリカ軍の進駐が始まるその前日、美山大佐は、ある人物を密かに訪

とうじょうひでき

ねていました。“東条大将、用賀において、”東条英機陸軍大将です。太平洋戦争の開戦時首相を勤めました。いわゆるA級戦犯として、裁かれ死刑となりました。美山大佐は占領軍が来る前にあっぴおく必要があると考えていました。東条元首相は

美山大佐に靖国神社のことについて語り残していました。“靖国神社の処置、永久に存続す、御親拝も当然あるべし、”靖国神社は永久に存続させねばならない、天皇の参拝の当然にあることとうも東条元首相の意向でした。国体と呼ばれた天皇中心の国仕組みを守るために、全責任を周囲が取って皇室を守らなければならない、東条元首相は美山大佐さんにそう語っていました。元陸軍将校で防衛庁で長年戦史の編纂にあたってきた森松としうさんです。終戦直後の混乱の中、東条元首相と美山大佐さんの二人が会談したことは重要だったと考えいます。靖国じゃの処置永久に存続ご親拝も当然であるべしだ、こう言うことまでも考えなってんですから、東条さんなるべくそうっていう考えてやしますが、日本精神のいちじょうもっとはなんなお皇室のごじで国体のこじ、これが一番もっと

だてる。国体の維持の内容は何だとなれば、日本の精神だてくれ。日本精神の中ひとつが敬神崇祖となっていますが。靖国神社だの考えやず、あれだけ強く考えていたら私でも思ったじゃなかったんずけれども?さらに東条元首相は靖国神社の合祀につ

せっぷく

いて、具体的な提言を行っていました。“戦争終結の切腹者も合祀すべし、犬死とするなかれ、人心安定上の人心一和上必要なり”当時自決は合祀の対象ではありませんでした。東条元首相は戦争責任を取って自決した軍人も合祀すべきだと提言していたのです。美山大佐は会談の内容を陸軍大臣に伝えました。終戦時の自決者は後に昭和殉難者という呼び名でいわよる戦犯と共に合祀されることになります。昭和20年8月30日、厚木飛行場にマッカーサー最高司令官が到着し、連合国による占領が始まりました。日本が受けいれた波茨坦の宣言のもとに、アメリカは初期対日方針を打

かめん

ち出しました。“超国家主義的、かつ軍国主義な組織及び運動が、宗教の仮面に隠れ

そくざぶそうかいじょ

たいてきちょうほうぶる事は許されない”。マッカーサー最高司令官が即座に武装解除と戰犯の逮捕命じ

ました。戰犯の逮捕を実行したのは、当時日本のFBIと呼ばれた対敵諜報部のソ

じゅんしょうじゅんしょう

ウプ准将です。9月10日、ソウプ准将の配下が東条英機元首相宅に踏み込みます。東条元首相は自決を測りますが失敗、逮捕されます。その二日後、靖国神社

たいてきちょうほうぶ

に百名のアメリカ兵が現れた時の写真です。当時対敵諜報部を中心にGHQの将校たちは靖国神社の焼き打ちを主張していました

しれいかんぶそうかいじょせんぱんたいほ

マッカハ(人名)司令官は即座に武装解除と戦犯の逮捕命じました。 せんぱんたいほしっこうにほんよたいてきちょうほうぶ戦犯の逮捕を執行したのは、そうじ日本のFBIと呼ばれた対敵諜報部のソ

じゅんしょう

ウブ准

くがつとおか将です。 そうぶじゅんしょうはいかとうじょうひできじもとじゅうたく

九月十日、ソウブ准

とうじょうひでき将の配下が東条英機の地元住宅にくみこみます。

東条英機が自殺を図りますが失敗逮捕されます。

その二日後、靖国神社に百名アメリカのせいが現れた時の写真です。

たいてきちょうほうぶしょうこう

当時、対敵諜報部を中心にGHQの将校たちは靖国神社を焼き打ちを主張しています。

十月末、陸海軍の完全な解体会一ヶ月後にせまってしました。

りんじたいさい

陸軍省は靖国神社の臨時大祭の準備を急いでいました。

しかし、戦亡者の身元の調査は済んでおらす。

ごうし

正式な合祀は不可能でした。

いっかつたましいまねりんじだいしょうこん

代わりに、一括

さいしゅうけってい魂を招く、臨時大招魂際改革されました。

最終決定おを出すのは天皇でした。

陸、海軍大臣から、総理大臣がて文章、臨時大招魂際が開催されることになりました。 ちょっきょ

勅許が置いたのです。

じゅんしょう

GHQの対敵諜報部のソウブ准将が動きました。

日本に大招魂際をつきがってにやらせていいのかと強く主張したのです。 GHQ内部の意見が割れました。

靖国神社の処置に関しては、大招魂際の様子を見てから、判断しても遅くないのでは無いという意見が頭位しました。

おおしょうこんしょうさい

GHQに対し日本政府は大招魂際に向けた天皇の詳細なスケジュウルを呈しました。

天皇の参拝は予定通りを行われることになりました。

十一月二十日、天皇は十時に皇居を出発。

昭和天皇は前日、風邪を引いて、寝込んでしました。

そっきんしょうじん

側近の小人によると、天皇はそう方だと言います、「明日の行幸は大切なれば、ぜひ行く。」

かんし

その日、GHQの監視の下、陸、海軍大臣にか、部代の代表が参列。

この日の参拝者は三万人に上りました。

日本側の記録によれば、GHQの印象をよくするために、軍人はセビロで参列したと言います。

午前十時十五分、昭和天皇参拝、明治以来三十万亡してきた靖国神社は、一挙に二百万人を超す戦没者の招魂を行ったのです。

陸、海軍の解散十日前に美山大佐は目的を果たせました。

あとで残されたのは招魂した二百万人の正式な合祀でした。

アメリカ政府はすでに国家神道の廃止抜けで動き出していました。

こくむしょ

国務所高官が国家神道の処置について、ラジオで発言したのです。

きょうい

日本が二度と世界平和への脅威とならないようせねばならない。神道が個人の宗教である限り干渉しない。

しかし、国家神道は廃止すべきだ。

人々は国家神道への支援を強制されず、学校に神道の場はない。

日本の軍国主義超国家主義は全面的に抑圧する。

ほんごく

本国の方針をうけ、マカアサ最高司令官は国家神道を廃止むけた指令を作るよう命じました。

民間情報教育局、CIEです。東京内幸い町のビルにそのオフィスがありました。

CIEはGHQの政策を打ち、教育や宗教など、日本人の精神面での改革をにらいました。 国家神道を廃止の式をとったのは宗教科のバンス課長です。

靖国神社は国家神道廃止の中でどのように位置つけられていたのか。

今回の取材でGHQ宗教科のバンス課長が健在ことが分かりました。

今年九十八歳になるバンス元課長はワシントン近郊にある老人ホウムで妻とくらしていました。

占領期の出来事を鮮明に記憶していました。靖国神社はもちろん特別な神社です。 すべての人々が訪れ、戦没者を崇拝するための場所でした。私は必ずしも守るつもりではありませんでした。

当時バンス課長はジレンマをかっかていました。

バンス課長の書いたメモには国家神道にかんして宗教的部分には干渉しないとあります。

私は当初、全ての宗教を平等に扱おうと考えていました。ともかく日本に信教の自由が確立されるべきでした。

軍国主義の除去と言う目的を果たしつつ、信教の自由を確立しなければなりませんでした。

陸海軍の解体と国家神道の廃止が目前に迫っていました。 靖国神社ははじめての時代に直面していました。

占領期の出来事を鮮明に記憶していました。靖国神社はもちろん特別な神社です。特別な意図をもって国家が作った、特殊な神社です。すべての人々が訪れ、戦没者を崇拝するための場所でした。私は必ずも守るつもりではありませんでした。当時バンス課長はジレンマをかかっていました。バンス課長が書いたメモーには国家神道に関して宗教的部分には干渉しないとあります。私は当初、全ての宗教を平等に扱おうと考えていました。ともかく日本に信教の自由が確立されるべきでした。軍国主義を除去という、占領最大の目的を果たしつつ、信教の自由を確立しなければなりませんでした。陸海軍の解体と国家神道の廃止な目前に迫っていました。靖国神社は初めての時代に直面していました。靖国神社の横井時常権宮司です。終戦直後、靖国神社の責任者として、GHQと交渉にあったてしました。これがそんなんーーーこれが。横井権宮司が終戦直後出来事を語った記録が四十年ぶりに見つかりました。広島の歴史研究家が昭和四十一年に横井権宮司に聞き取りをしたテープです。靖国神社に対しては戦争の中心になったと思うから、そのままでおけない。靖国神社、旧来の状態で行ったら、向こうがつぶしにでも出てこられたらお終いだと、危ないわけだね。戦前、神社は国家によって管理されていました。政府は靖国神社を宗教とは違うーーなしていました。横井権宮司はGHQが宗教の自由を重視していることを知り、神社存続のための方針を打ち出しました。事前にアメリカの意向が大体わかってきたわけです。うまく収めるためにも向こうの意向に従え、もっと宗教的な姿に純粋宗教の姿で行こうとしたわけだ。名前はあるいはどうでもいい。廟と宮とで靖国廟宮という名前を生み出した。十一月二十六日、横井権宮司は靖国廟宮案をーー初めてGHQ宗教科を訪れました。国家の神社から宗教色の強い廟宮に変えたという考えをバンス課長に伝えました。終戦を着替え足し、今対の特色発表するために、廟宮製としたい、戦争意識を高揚するものなのか、信教の自由を束縛するものなのか、その二点が問題だ。その上で、バンス課長は、こう付け加えています「この案はなかなかいいと考えている、このごろ、政府や宗教界からもGHQにさまざまな靖国改革案が持ち込まられました。記念誌とするは無宗教の対等施設案、六十年前、靖国神社の位置づけを面て、議論が交わされていたのです、昭和20年12月15日靖国神社のそのも受けて付ける指令が発令されました、マッカーサ指令四百四十八号、いわゆる、神道指令です。国家神道を廃止、軍国主義,超国家主義宣伝や復旧が禁じられました。政教分離によって、国家と宗教の繋がりが絶たれました。国家と切りかなされた神社は信教の自由によって、ほかの信教と同じ扱いを受けることになりました。この時点で、靖国神社が廃止されることはありませんでした。靖国神社は六十年に終える国家管理を離れ、宗教法人として生きることになりました、昭和21年、いわゆる天皇の人間宣言によって、天皇の神格性が否定されました。GHQによる、民主化,非軍事化が進められて行きました。昭和21年4月、靖国神社はGHQから新たな通告を受けます。それは昭和天皇

の靖国参拝を認めないというものでした。臨時大招魂祭から半年、靖国神社では招魂した戦没者の合祀を進めをとしていました。靖国神社にとって、合祀祭への天皇の参拝はなくてはならないものでした。皇族さんと16の御紋(菊の御紋)は取り除け、エンベラー‘メッセンジャー(勅使)はいかんとか言って、皇室とのつながりを遮断しようと、わたしは陛下のご参拝をどうしても、臨時大招魂際にはされたけど参拝ないわけです靖国神社は昭和天皇の参拝中止、その決定には意外の背景がありました。アメリカのオレゴン大学で、今年GHQ宗教科の大量の資料が発見されました。六十年も経て、初めて日本に公開される資料です。写真や極秘文書など数千点に昇ります。その中に、バンス課長がCIEの局長宛に書いた天皇の靖国参拝についての報告が残されていました。天皇の靖国神社の大祭への参拝は私的であろうと認められない。

靖国神社 32~41

临时大招魂祭半年之后,靖国神社正筹划举行已招魂阵亡者的合祀,靖国合祀仪式上天皇的参拜是不可或缺的。

臨時大招魂祭から半年,靖国神社では招魂した戦没者の合祀を進めようとしていました。靖国神社にとって、合祀祭えんの天皇の参拝はなくてはならないものでした。

“对方要我们去掉皇族和16瓣菊纹,禁止勅使等等,想遮断和皇室的关系,我想怎么都得让陛下参拜,临时大招魂祭的时候参拜了,后来就没有参拜靖国神社。”

皇族さんと16の御紋は取りのぞけ、エンベラーメッセンジャー(勒使)はいかんとか言って、皇室との繋がりを遮断します、私は陛下のご参拝をどうしても臨時大招魂祭にはされたけど参拝ないわけです。

昭和天皇的参拜中止,这个决定背后有出人意外的背景。今年在美国的奥勒冈大学,发现了大量GHQ宗教科的资料。

昭和天皇の参拝中止、その決定には意外な背景がありました。アメリカのオレゴン大学で今年、GHQ宗教科の大量の資料が発見されました。

60年来,第一次向日本公开的资料,照片和机密文件等共计数千件,其中有邦斯科长写给CIE局长的关于天皇靖国参拜的报告书:天皇在靖国神社大祭的参拜即使是个人身份也不予承认;报告中称是日本政府下令禁止参拜。

60年も経って、初めて日本に公開される資料です。写真や極秘文章など数千点に上います。その中にボンス科長がCIEの局長は手に書いた天皇の靖国参拝についての報告が残されていました。天皇の靖国神社の大祭への参拝は私的であろうとも認められない。その文章では、日本政府が参拝の禁止を指示したことになっていました。

邦斯元科长这样叙述天皇参拜中止的背景:“在神道指令发布之后,为什么禁止天皇去参拜呢?那是天皇自己决定的,他自己决定的,就是说天皇不想再去参拜靖国神社了。我想是天皇不想把事情搞大,不去靖国参拜是他自己决定的。”

バンス元科長は天皇の参拝中止の背景をこう語りました。神道指令が出た後、なぜ天皇の参拝が禁止されたのですか?あれは天皇ご自身がお決めになりました。ご自身がお決めになりました。天皇はもう参拝されたくなかったのでしょうか。天皇は物事を穏便に運びたいとお考えになったのでしょう。靖国を参拝しないというのは天皇ご自身の判断でした。

当时针对日本占领政策和东京裁判,一些国家要求美国采取严厉态度。苏联,中国,澳大利亚等国家,有可能把天皇的靖国参拜发展成为外交问题。

当時日本の占領政策や東京裁判を巡り、厳しい態度をとりおうアメリカに求める声がありました。ソ連と中国,オーストラリアなどの国々が天皇の靖国参拝を外交問題とする恐れがあったのです。

“对日理事国中有不少意见,抱怨美国对日本过于宽大,麦克阿瑟问过我,人们认为我们的日本占领政策如何?我回答说,澳大利亚等两三个国家对我们的做法持批评态度。麦克阿瑟听了说道,那是因为他们都是共产分子。”

対日理事国ではこういう声が多かったのです。アメリカは日本に寛大過ぎるとマッカーサー司令官が私に尋ねたことがあります。日本における米国の占領を人々はどう考えているかと私はこう答えました。オーストラリアや他の2、3の国々は私たちのやり方に批判的な見方をしていますと、するとマッカーサー司令官はこう言ったのです。やつらは共産主義者だからな。

根据GHQ宗教科的资料,美国为了避免成为外交问题,向日本政府和靖国神社暗示取消天皇的参拜,昭和天皇一直没有进行参拜直到占领结束。

GHQ宗教科の資料によれば、アメリカも外交問題となるのおさめるため、天皇の参拝取りあめを日本政府と靖国神社へ暗示したとしています。占領が終わるまで、昭和天皇の参拝が行われませんでした。

从美国的资料中发现,在神道指令发布之后,GHQ宗教科对靖国神社进行了彻底调查。 神社提交的收支报告,式典等的实施报告书,宗教科对神社是否含有军国主义和超国家主义要素进行了调查,各种意见众说纷纭:靖国神社很危险;在神道指令的条件下应不允许存续下去。

アメリカの資料からは、神道指令のはずれ後、GHQ宗教科が靖国神社の徹底的な調査を行っていた様子が伺えます。神社が提出した収支報告書や式典などの実施報告書、宗教科は神社に軍国主義、超国家主義などの様子が残っていないのか調べ上げていました。様々な意見が成だされました。靖国神社は危険である、神道指令の条件の下では存続は許されない。

9月,GHQ通告禁止合祀祭,当时横井权宫司与邦斯科长的会谈记录:“对靖国今后继续举行战死者的合祀有异议;靖国的存续是最重要的,如果威胁到神社的存在,仪式废除也可以。”

此后公开举行合祀祭遭禁止。

9月、GHQは合祭そのものの禁止を通告します。その時の横井权宫司やバンス科長の会談の記録が残されていました。靖国が今後も戦死者の合祀を続けることに異論が出ている。重要なのは靖国の存続である。神社の存在は危うくするぐらいならば、儀式は廃止してもいい。このうのち、ごうやけに合祀さんようを行うことは禁止されました。

11月发布了针对靖国神社的新麦克阿瑟指令,称靖国神社是军国性神社,不同意把属于国有财产的神社内土地转让给神社。

11月靖国神社に関する新たなマッカーサー指令が発令されました。靖国神社はみりたりにしゅらいん軍国的神社であるとされ、くりいのものである境内の土地のじょうと認められなかったのです。

靖国神社改为宗教法人之后属于文部省管辖,宗教事务科的主管河和田唯贤先生为提交报告等经常去GHQ,河和田先生现在出家为僧,当时从宗教科邦斯科长等人那里得悉对靖国的情报搜集。

当時宗教法人となった靖国神社の担当官庁は文部省でした。事務科の係官河和田唯贤さんは報告の提出などでGHQを頻繁に訪れていました。現在僧侶となっている河和田さんがGHQ宗教科のバンス科長らから靖国神社についての情報収集をして言ったといいます。

“军国性神社的提法时有所闻,我们对此是很谨慎的,我想这是为了让神社自行消灭,直接废除行不通,因为信教自由的宗教理论而处于两难局面,神社已经是宗教法人了,司令部不能直接废除,找不到撤废的理由,只好通过收押财产的方式,让它自行灭亡。” 为了拂拭军国性神社的印象,靖国神社与GHQ反复交涉……

40----49

军国性神社的提法时有所闻,

我们对此事很谨慎的,

我想这是为了让神社自行自灭

直接废除行不通

因为信教自由的宗教理论而处于两难局面

神社已经是宗教法人了

司令部不能直接废除

找不到撤废的理由

只好通过受压财产的方式

让它自行灭亡

軍国的神社のイメエジをふしょくするため

为了拂拭军国性神社的印象

靖国神社はGHQと交渉を送り返しました

靖国神社与GHQ反复交涉

横井-は生き残りためにさまざまな構想うちだしました

横井权宫司为了生存下去制定了种种构

靖国神社を守るためには これは 自給自足をせねばいかん 为了保卫靖国神社只有自己自足

それで 靖国神社のあの周辺を学生中心歓楽街にしようと 所以想在靖国神社周围形成以学生为中心的娱乐街

あのなかに劇場なら音楽堂やら美術館やら

在那里有剧场啦音乐厅啦美术馆啦

靖国神社を中心にした上野公園のように

以靖国神社为中心像上野公园那样的

博物館があったり映画館があったり造っていこう

有博物馆和电影院想办成那样的

軍国主義的な要素としててきょをめいじられたものです

因为含有军国主义含义而被要求撤出的东西

十三メトルな巨大の灯篭に飾られたブロンズ製のエリフ

装饰在高达十三米巨型灯笼下的青铜浮雕

日本軍の戦いの記念したものです

纪念了日军的战斗

中国やソビエとなど戦争の相手国から撤去が求めました

中国苏联等对战国要求将其撤除

神社境内にあった戦利品(せんりひん)は

神社境内的战利品说是不可以

大きな灯篭(とうろう)があるのです ―あのにブロンズのがある 有个打灯笼侧面有铜浮雕的

あのブロンズは一応 取り繕って置けばいいと

那个铜雕说是这样留着也行

横井--エリフをコンクリとで塗り固める要ししました

横井权宫司指示将浮雕用水泥掩盖起来

占領が終わった後

占领结束之后

元にもとされ 今に至っています

被恢复原形直到如今

靖国神社は次々に新たな祭りもう立ちあけました

靖国神社还接连创设节日活动

占領からの1947年に始まり

从占领时期的19xx年开始

現在のつつくみたままつりです

延续至今的御灵节

靖国神社はGHQにていつ文書中でこう報告して

在靖国神社向GHQ提交的文件中这样报告道

みたままつりを行なった 結果

由于举办了御灵节

に一般に平和的祝いの祭典として印象をおたえることができた 已经在一般民众中形成了和平的慰灵节日印象

靖国神社は現状のままで 持ちこたえるように

为了让靖国神社能保持现状存续下去

粘ってなるべく長引かせく 直接 粘っていれば自然に存続できる 坚持住尽量拖延时间只要能坚持不懈就能自然而然地存续下去 GHQに靖国神社の存続を願う遺族たちが声が届きはじめました GHQ开始收到遗嘱们要求靖国神社存续的请愿

アメリカ国立構文所管に残されている請願書です

保存在美国国家档案馆中的请愿书

靖国神社が軍国主義的神社として存廃野きりょうにあるとうですが 靖国神社被作为军国主义神社正处于存废的关头

これが本来の姿ではなっかたでのあります

那并不是它的本来面貌

なにとぞ わたくしもの心情を斟酌され

请务必斟酌我等的心情

寛大(かんだい)なる慈悲を持っておこりはからいください 以宽大的慈悲予以处置

承安二十二年(しょうあん)遺族たちが組織をつくり声を始めました 19xx年遗嘱们开始组建团体提出要求

国家

遺族の一人藤田美恵さん九十三歳です

93岁的遗属藤田美荣

藤田さんは占領間遺族をまとめ

藤田女士在占领期间团结遗属们

日本遺族会の元となった、日本遺族福利連盟たちがえた一人です 是日本遗属会的前身,日本遗属福利联盟的创始人之一

GHQと直接交渉をしたこともあります

曾经与GHQ进行直接交涉

靖国神社に祭られた戦没者たちいええです

祭祀在靖国神社的阵亡者的遗像

夫の藤田铁弥少佐です

她的丈夫藤田铁弥少校

昭和十九年中国でアメリカの爆撃をなくなりました 三十六歳でした 19xx年在中国遭美军空袭阵亡,享年36岁

メソメソしていられないというのが、心情で

当时就觉得不能这样忍气吞声下去

本との行動はやぱり遺族自体がしなければ 何も決まれないと 真正的活动只有遗属们自己行动起来

国家対策にしろう真珠軍対策にしろう

不管是国家对策还是占领军对策

自ら進めようと

都得要自立推行

靖国神社が遺族に送った、合祀通知書です

靖国神社发给遗属们的合祀通知书

おおやけに行なうことは禁止された戦没者たちの合祀は

被禁止公开举行的战死者合祀

神社内部で進められていました

在神社内部进行着

合祀された矢敷喜作陸軍少佐

被合祀的矢敷喜作陆军少校

昭和二十年十一月十九日のあの臨時大招魂祭で招魂された一人です 在19xx年11月19日的那个临时大招魂祭上被招魂者之一 矢敷喜作少佐長男の矢敷喜一さんです

矢敷喜作少校的长子矢敷喜一先生

年一度靖国神社で開かれる慰霊祭主席しています

每年一度靖国神社的慰灵祭

矢敷さんの父喜作さんが戦死したアツトの遺族会です

父亲矢敷喜作阵亡地阿图岛的遗属会

太平洋戦争中始めて玉砕した部隊です

太平洋战争中第一个玉碎的部队

二千六百名の部隊が全滅したアツト

两千六百名的部队在阿图岛全军覆灭

部隊は孤立援軍も補給もたたれ

没有军队支援部队陷入孤立

万歳と次きと呼ばれる自爆攻撃を頑固しみした

进行了被称为万岁冲锋的自爆攻击

軍部はこれを玉砕と呼び

军部把它称为玉碎

部隊は軍神と褒め称えました

部队被誉为军神

玉砕した父親喜作さんの遺骨や遺品何一つ残りありませんでした 玉碎的父亲矢敷喜作先生的遗骨和遗物荡然无存

戦没者を表三した軍部のやり方に

对于军部表彰阵亡者的做法

矢敷喜さんが違和感を覚えています

喜一先生不以为然

英霊しんだ一のは

英灵军神之类的话

当時の戦意向のようのために作られた言葉ですから

是当时为鼓舞士气而造出来的词语

ただ一つ戦争で亡くなった者が収まるんだという

说阵亡者们回到了靖国留在那里

うちの親父あそこにいるん,あそこにいえば親父に見えるん 那我的父亲也就在那里只要去了那儿就能见到他了

わからませんけども

是不是灵魂真的去了那里这个我不知道

もうほかにもなにへですか

但是还能去哪里呢

どこにもありませんから

没有其他可去的地方

軍部はこれをぎょくさいと呼び、部隊は軍神とほめたたえられました。

军部把它称为玉碎,部队被称赞为军神。

ぎょくさいした」父親ひさくさんの遺骨やいしんは何一つ残りませんでした。 玉碎的父亲喜作先生的遗骨和遗物荡然无存。

戦没者を称賛した軍部のやり方に,やしきさんは意は間を覚えています。 对于军部表彰阵亡者的做法,喜一先生不以为然:

英霊とか軍神などはやはり¥当時の精気鼓舞のために作られた言葉ですから。 英灵,军神之类的话是当时为鼓舞士气而造出来的词语。

ただ一つは戦争でなくなった者が靖国へおさまっているんたっていう。

说阵亡者们回到了靖国留在那里。

うちの親父あそこにいるか、あそこに行けばうちの親父に合えるんだ。

那我父亲也就在那里,只要去了那儿就能见到他了。

まあ、たましがいって***分かりませんけども、まあ、ほかに寄るところもないんです

是不是灵魂真的去了那里,这个我不知道,但是还能去哪里呢。没有其他可去的地方 が、ね、どこにもありませんですから。

合祀は200万の戦没者の遺族たちを靖国神社につなぐ役割を果たしました。 合祀把200万阵亡者的遗属们和靖国神社联系在一起。

占領も終わりに近づくと、東西の冷戦が激化、日本を共産主義に対する防波堤とするため、

占领行将结束的时候,东西冷战激化,为使日本称为共产主义的防洪堤,占领计划发生巨大

占領政策は大きく変わりました。

改变。

それまで進められて来た非軍事化路線が転換しました。

至此为止推行的非军事化路线被转变。

GHQ宗教化の内部では靖国神社をめぐる議論に変化が生じていました。 在GHQ宗教科内部针对靖国神社的议论也发生了变化

機密文書、靖国神社の将来に対する見解です。靖国神社の存続を認めるべきだ。 机密文件,对于靖国神社未来的见解,靖国神社的存续应予以承认

廃止は却って問題を増やすをそれが、この文書を書いたのはバンス科長の部下で、靖国神

废止反而会增多问题,这份文件的执笔者是邦斯科长的部下,对靖国神社等进行了调查的沃

社などの調査を行ったウッダード調査官です。

德调查官

なぜウッダード調査官は廃止は難しいと意見を出したのか

为什么沃德调查官认为废止困难呢。

ウッダード調査官の遺族がシカゴに住んでいました。娘のアリスさんです。 沃德调查过的遗属住在芝加哥。 女儿爱丽丝。

占領期父親とともに日本で暮らしていました。

占领期间和父亲一起在日本生活过

ウッダード調査官は日本の宗教政策に関する大量の未発表原稿を残していました。 沃德调查官留下了大量关于日本宗教政策的未发表文稿

その中にCIE民間情報教育局の結論とかかれた文書がありました。

其中有一份文件题为民间情报教育局的结论

靖国神社の廃止が難しいとした理由がそこに記されていました。

这里阐明了废止靖国神社之所以困难的理由

理由の一つは数百万人に上る遺族の反対が予想されたこと。

理由之一是预料将遭到数百万遗属的反对

さらに信教の自由を尊重することにGHQ自らが失敗したという批判が起こることをそ

其次是担心引发对CIE自身的宗教自由政策失败的谴责。

れていました。

そして、時代の変化、1949年、昭和24年末にはすでに状況が大きく変わっていたと

还有是因为时代的变化,在19xx年末的这个时间,情况以发生巨大的变化 しています。

GHQ宗教科は昭和24年覚え書きにこう印ています。

GHQ宗教科在19xx年的备忘录中这样写到

終戦直もの1945年か1946年まで軍国主義神社は廃止すべきだった。 军国主义的神社本来在终站后的1945或19xx年间就应该予以废止

昭和26年9月(1951)GHQはこれまで許可しなかった靖国神社への国有地のじょ

1951,GHQ撤销禁令同意向靖国神社转让国有地

うとを認めました。

靖国神社は残りました。 翌、昭和27年、占領が終わりました。

靖国神社就这样被保留下来了。次年,19xx年,占领结束了

その時,昭和天皇の靖国参拝がぶっかしました。昭和50年まで8回に当たり参拝しまし

昭和天皇的靖国参拜于同年恢复。至19xx年为止共计参拜8次

た。

占領下、靖国神社の臨時招魂際を取り入った旧陸軍省の美山要蔵大佐。

在占领下,主持举办靖国神社临时大招魂祭的旧陆军省的美山要藏上校

美山要蔵大佐はその後厚生省に移りました。

美山要藏上校此后转至厚生省任职

政府の立場から20年近く靖国神社の合祀のてづきに携われました。

从政府的立场上约20年间从事靖国神社合祀的手续工作

旧陸軍のあとしまつを先輩のご尽力とか同僚のご援助にうれまして、まずまずつうがなく

为旧陆军省收拾残局,在前辈的指导和同僚的援助下,获得一定结果得以顺利完成 やようせた。

私個人といたしましてはほう満足である。靖国神社の横井時常 ごんぐうし。 作为个人我对此心满意足。 靖国神社的权官司 横井时常

占領下の昭和23年後任に道を譲りました。

于占领期的19xx年让位于后任

国家管理をはなれた靖国神社を宗教法人として今に残しました。

把脱离了国家管理的靖国神社作为宗教法人留存至今

靖国神社の重要な儀式は今へと引き続きがれました。

靖国神社的重要仪式今天仍得以继承

合祀も続けられています。国家の命令で戦争に赴き、命を落とした軍人が246万人が祭

合祀也在继续举行。在国家的命令下奔赴战场,献出生命的246万军人被祭祀在这里 られました。

年に二回、天皇陛下の遣いである勅使も派遣されています。

天皇每年两次派遣使者到神社

天皇陛下からへのおこうなどである。御幣持つを携えたんこうしています。 携天皇的供品御币物至神社奉献

戦争の惨禍を二度と繰り返さない。そう誓って出発した戦後の日本。

不再重蹈战争的惨祸。 在这个誓言下出发的战后日本

戦没者を神として祭る靖国神社は一宗教法人となって今に残りました。 把阵亡者作为神祭祀的靖国神社成为一个宗教法人存续至今

戦争で命を落とした人々を、誰がどういれしきおくするのか。 在战争中身亡的人们,由谁用何种方式来奠基来记忆呢

靖国をめぐる60年前のにちべの攻防が今に問いかけています。 60年前日美围绕靖国神社的攻防战向我们提出了这个问题。

更多类似范文
┣ 更多感动中国观后感
┗ 搜索类似范文