新大学日语 第十篇

第十篇

日本的コミュニケーションと人間関係

南 博日本人の人間関係で、しばしば指摘されるのは、そのコミュニケーション関係の面が、西洋の場合に比べて、合理性に欠けているという点である。ここにも、風土と歴史の要因がつよくはたらいている。

人と人との出会いで交わされる、あいさつとマナー、あるいは礼儀作法は、西洋人から見て、わずらわしいと思われるほど、複雑である。若い世代では、それがしだいに簡略になってきたが、やはり職場生活では、入社前の学生時代とはまるでちがう、こみいった礼儀作法が要求される。そこでは、事務的な伝達以外に、職場に特有なコミュニケーション関係が、人間関係の全面にわたる配慮がなされる。同様に、身振り?しぐさ?表情で、たとえば、茶席での立ち居ふるまいに見られるように、最も極端なコントロールを要求する主と客の人間関係が、微細なルールにしたがって表現される。

このように、日本人のコミュニケーション関係は、「ホンネ」よりも「タテマエ」のコミュニケーションによって、人間関係を表面的にスムーズなものにすることに努力が集中されている。

そのことは、言語生活で、いっそうはっきりした日本的特徴となってあらわれる。日本人のコミュニケーションに関しては、日本の等質性と孤立隔離性とが、人種、宗教、生活文化、さらに言語の面で指摘されており、そこから、つぎのような特性がみられる。日本人のコミュニケーションは、内輪言語の基本的性格をもつとされるが、それはいうまでもなく、日本人の人間関係の「ウチ」的性格の反映である。そこからまた、話し合いの場での「ハラを割って話せばわかる」といった、「ハーラ」によるコミュニケーシ三ン関係の成立が強調される。ここでは、礼儀作法にみられるタテマエとは反対に、ホンネとホンネのぶつけ合いという側面も出てくる。

コミュニケーション関係で、一応タテマエを世間的な人間関係の保持に用いながら、重大な決定にあ たっては、ことばにあらわさないホンネという誠意を見せあうというのが、日本的人間関係の使いわけのテクニックである。

さらに、日本人のコミュニケーションの特徴は、西洋人の目から見れば、いっそう浮きぼりにされる。あいさつが、エチケットとして、こまかく規定され、また贈りものも、一種のコミュニケーションとして、人間関係を強化するのに大きな役割を演じている。 また、日本にしか見られない、お見合いの場合に、両家のつり合いという、いわばタテマエが重くみられ、それに対しておたがいの愛情は、いわば第二義的であることは、ホンネの軽視である。

同様に、日本では、タテマエとして、ウチとソトは区別されていながら、ホンネの部分では、公私混同が著しい。ここでも、ホンネとタテマエのコミュニケーションの二重性があらわれている。

前記の内輪言語のコミュニケーション関係は、日本の人間関係で、同じ国、同じ地域、同じ集団にいるということだけで、茶の間的人間関係という指摘があてはまるのである。 上記のように、日本的コミュニケーションは、それが、「おたがいに日本人じゃないか」という表現であらわされるように、日本人どうしなら、なんとなくコミュニケーションが通じるという前提に立ち、だからこそ、日本人どうしであるという相互確認を、日々に、こまかな、言語的、非言語的なコミュニケーション関係の枠の中で反復している。そうして、それが、日本人の人間関係の強化に役立っているのである。

甘えの 構造

土 居 健郎 現代の青年は、価値観が問題とならない限り、古い世代と和合するが、いったん価値観が問題となると、古い世代と鋭く対立する。であればこそ、彼らは両親の中でも、(1)母親とは親密直関係を続けるのであろう。もっとも彼らは、社会的な価値観を通常代表する父親とも、家庭の中にあってはあまり対立することがないようである。それというのも価値観について子供を教育しようとする父親が、昨今は極めて稀になっているためであろう。これら父親たちも内心では疎外感に悩み、現代文明の危機を肌で感じている。したがって子供を教育するどころではないのであろうが、しかしその彼らも社会の中ではその属する体制なり組織を防衛する立場におかれている。そこで 現代の(a)( )はもっぱら公の場で、体制対反体制という形で進行することになる、と考えられるのである。

(A)( )、ここで一つ奇妙なことは、この現代の世代間葛藤ないし断絶が、先に述べたごとく主として価値観をめぐって起きていると考えられるにもかかわらず、争われている価値観の相違が必ずしも明らかではないことである。まず古い世代が古い価値を信じているとは限らない。むしろ彼らの多くは懐疑的である。かといって新しい世代が新しい価値観を提供しているのでもない。すると今日の世代間葛藤は、価値観をめぐって起きているということはできても、価値観自体が争点になっているということはできなくなる。

(B)( )、何のために新しい世代は古い世代を攻撃するかというと、そうすることによって古い世代に本音を吐かせようとしているのだと解される一面がある。結局新しい世代は、それによって自分たちが生きてゆくことができる価値観が欲しいのである。(C)( )それが古い世代によって提供されていないことに苛立つので ある。それは確かに(2)一種の甘えであるということができるであろう。

日本人の「二重人格」

古田 暁

日本人の性格、国民性を説明するのに、ホンネとタテマエという対立概念がよく使われる。ホンネとは本当の音色、まことの音色というのが原義で、ここから、本心からいうことばとか本当の気持、「マコト心」を指すことばである。

これに対してタテマエとは、漢字では建前あるいは立前と書き、本来的なこととしてすでに決まっている方針、「オモテ看板」として人に示す思想である。

この二つの対立概念が使われるのは、人が表面上述べる理由がその本当の意図、動機と矛盾する状況である。日本は本来全会一致を旨とし、人間関係では調和、集団の連帯を尊重する社会である。自己の心情を吐露するというよりは、相手の一挙手一投足を注意深く観察して、なるべく他者との間であつれきが生じないように、発言をセーブする傾向が強い。ただ、全会一致という社会のタテマエに公然と刃向かったり挑戦したりしない限りは、内心で世間の行き方と違うホンネの意見や感情を抱くことは一向に構わない。

ホンネとタテマエを指して、日本人には「二重性格」があると西洋でよく非難される。この非難は必ずしも当たっていない。タテマエだけの杜会は硬直化するし、反対にホンネだけに則って動く社会はバラバラに瓦解してしまう。社会が正常に機能するには、両者のバランスが必要である。

 

第二篇:新视野大学英语课堂活动

大学英语互动式教学方法的实证研究

摘 要 为了提高大学生使用英语的交际能力。本文提出把交互式教学理论应用于大学英语精读课堂教学活动之中。互动式教学方法有利于培养学生自主学习精神,提高学习的积极性和主动性,促进学生英语交际能力的发展。如何组织一个积极活泼、互动的英语教学课堂,全面提高大学英语教学水平,是摆在大学英语教师面前的一项艰巨的任务。本文阐述自己在教学实践中,设计出的三个互动式课堂活动——模拟英语面试,奥运会项目猜猜猜,初次见面情景表演。并提出这三个活动的特点、总体设计思路、具体实施过程,对在教学过程中可能出现的问题进行了总结并提出相应对策。

关键词 大学英语教学 互动式教学方法 课堂活动

模拟英语面试

模拟英语面试英语于大学英语教学课堂中,可实现师生间的互动,学生之间的互动,在完成课堂活动的同时,学生不仅能提高英语表达能力,交际能力,还能在模拟环境中对面试的过程有一个比较具体的、综合性的全面了解,有利于学生职业素质的全面提高,掌握面试技巧,有助于未来就业。学生参与的积极性非常高,认真准备,认真参与应聘,认真总结,并表示受益匪浅。

一、模拟英语面试的组织与实施

(一)对象:10级新闻、计算机专业学生。

(二)时间:xx年秋季学期。学生经过大学一年级两个学期的英语学习,已经具

备了一定的词汇量,听和说的水平都得到了锻炼和提高,现有的英语

表达能力可以出色地完成英语面试任务。大二下学期准备大学英语四

级考试,任务较重,所以把此次活动安排在大二上学期。

(三)目的:通过模拟面试,培养学生对英语的学习兴趣,提高学生的英语表达能

力,感受英语应用的魅力。使学生更好地了解面试、体验面试,在面

试的准备和过程中多方位地了解用人单位的招聘程序。在活动中认识

自己的优点与不足,为今后求职打基础。

(四)模拟面试前的准备阶段

1. 知识储备。在模拟面试前,需要向学生讲授英语面试的流程,要求和面

试技巧。为学生提供相关视频及文字材料。指导学生查找并整理英语面试

材料,资料来源途径有:网络、图书馆、同学交流、自己的经历。每位同

学应写一份英文简历为面试做准备。

2. 全班分若干组。将全班分为若干个招聘小组(分组时要考虑班级人数和授

课时数),分组方法可以是按学号分组和自由组合相结合,先按学号分组,

每组10或12人。每组自行选出主考官(组长)1人,应聘者7-9人和讲

解面试技巧的学生2人。教师不参与角色分配。

3. 主考官的准备要求。1). 正装;2). 每个招聘小组虚拟一个企业,组长

与组员讨论并决定招聘单位名称及招聘职位。计算机专业的招聘单位多为

东软,中国移动,计算机培训学校等。新闻专业有电视台,广播电台,报

社。如有不想应聘本组职位的组员可和其他组组员交换,但要保证每组人

数不变,组长上课前提交名单;3). 角色准备:某单位人力资源部经理;

4). 介绍企业简况,包括创始时间,企业文化,主营项目,招聘职位和职

位的要求;5). 确定面试过程中需要提问的问题(可根据不同岗位设置);

6). 面试过程中其他组组员会给每一位应聘者评分,面试官统计评分,宣

布招聘结果。

4. 应聘者准备要求。1). 做好一名求职者面试前应做好的一切准备,例如:

着装、仪表、肢体语言等;2). 准备英文简历;3). 准备自我介绍;4).

应聘教师职位应准备5分钟试讲。

二、模拟英语面试的流程:

(一)各招聘小组依次进行面试。

(二)每组两名同学进行报告,关于英语面试技巧,注意事项和写英文简历应注意

的地方,自己在阅读材料过程中感触最深的地方。

(三)由各组主考官主持模拟面试,先由应聘者进行自我介绍,考官向每个应聘者

提出三个问题,最好不重复提问,这样观众可以了解更多的问题和答题方法。

每个应聘者面试的时间约为5分钟。每组总体时间控制在30分钟以内。应聘

教师职位的应聘者进行5分钟的试讲。

(四)面试过程中面试考官和其他组组员根据应聘者的表现打分。面试官统计评分

期间,观众点评,教师随机抽查现场“观众”对面试小组和应聘者进行点评。

教师点评。

(五)面试官宣布招聘结果。参加面试的应聘者不能被全部录用,每组只能录用

三名求职者。

(六)教师总结评议。最后教师对整个面试过程进行评价。首先对学生在组织模拟

面试过程中所付出的努力表示肯定,并对其亮点进行表扬,最后还要对组织过

程中的不足进行分析和评价。

(七)组长做总结报告。组长把小组的每一个人的发言整理成一篇WORD文档总结

报告,发到公共邮箱当中,这样可实现各组之间资源共享。总结报告不一定当

天完成。

(八)每人上交一篇英文简历。

三、模拟英语面试在实际应用中的注意事项

适当调整教学计划,教师上课时间缩短,但讲授内容并不能压缩,有些语言知识点

和面试技巧可以结合后面的模拟面试进行讲解,效果会更好。另外,提前一个月的时候,就要把模拟英语面试的教学计划告诉学生,让他们有充分的心理和思想、知识和时间准备。教师对各招聘小组提出的招聘岗位,面试问题设计,招聘程序进行审查, 教师要进行必要的指导,避免出现后续环节不能有效实施的情况,保证招聘小组招聘的顺利进行。

奥运会项目猜猜猜

新视野大学英语第二册第二单元内容和奥运会有关,此活动可以帮助学生们在趣味中了解奥运会项目的英文说法。

一、 准备。打印奥运会项目图标卡片,每个卡片上包括项目的图标、英文、音标和

汉语意思。卡片背面写上数字。

二、 课上活动流程。

(一)先向学生解释活动过程步骤,并鼓励学生们可以发挥一切想象力,用各种

方法表演奥运项目,让同学们来猜,可以用动作表示,也可用英文来解释,

但不可说出奥运项目,直到有同学猜出来,才可以把奥运项目的英文和汉

语写在黑板上。

(二)教师把卡片随即发给学生,然后从1开始按序号叫号。学生根据卡片背面的

数字上前表演奥运项目,有的学生表演的非常直观明显,其他学生立刻就可

以猜出来,比如举重,学生大叫一声举了起来。有的学生只说一位体育明星

的名字,大家就能猜出来。有的学生用纸做成球,用书当球拍来表演球类运

动。有的学生因项目难解释就一直在前面表演动作,用英文解释,直到同学

们猜出来,比如有一位学生一开始就绕着教室不停的跑,跑了两圈,终于有

学生猜出来是马拉松,很有趣味性。猜出来之后前面表演的学生再把奥运项

目的英文和汉语写在黑板上。教师对此奥运会项目进行讲解。讲台上学生表

演,台下学生猜,全班同学都积极的参与进来,课堂气氛非常活跃。

(三)教师评议。对学生们的积极参与表示肯定,表扬个别表现出色的学生。

此活动方法也可以用于单词的复习。学习完每个单元之后可以给学生发单词卡片,让学生解释或表演卡片上的单词,让其他学生来猜。使学生在轻松的氛围中复习了单词。

初次见面情景表演

新视野读写教程第一册第四单元是How to Make a Good Impression? 在此单元采用初次见面情景表演活动,可以加深学生对课文中提出的怎样给别人留下好印象的方法的理解,并使学生在活动中应用这些方法。

一、准备。全班分若干组,每组10人。每组都要表演演讲、面试、问路、购物,相亲

等初次见面的情景。

二、为学生提供相关材料,相关情景表达方法和例句,鼓励学生查找更多资料,自己

写稿,自由发挥学生的想象力和潜能。课后练习。

三、课上按组依次表演。教师点评。

大学教育的目的不仅仅是为了让学生学习知识、掌握理论,更主要的是提高他们的能力和技能。通过英语课堂活动,可以提高学生学习英语的兴趣,使他们感受到英语的实用意义和作用,提高学生掌握理论知识和实践技能的兴趣,最终达到提高教学质量和教学效果的目的。